家を長持ちさせるためのメンテナンス費用とタイミング

家を長持ちさせるためのメンテナンス費用とタイミング

マイホームを買って気持ちのいい生活を始められる一方で、購入から数年、十数年と経過すると当時は新しかった設備もどんどん古くなってきてしまいます。

そこで必要になってくるのがお家のメンテナンスです。

確かに費用も掛かって面倒ですが、メンテナンスをしなければ家の寿命が縮んで、より一層お金も手間もかかることになってしまいます。

今回は家のメンテナンスについて費用の概算と内容について解説いたします。

家のメンテナンスの気になる費用はいくら?

家のメンテナンス費用はいくら?

せっかく建てた新築の家も時間の経過とともに劣化していき、メンテナンスが必要になっていきます。

メンテナンス箇所は劣化具合によってはかなり費用がかさんでしまうこともあります。では、実際にどれくらいの費用が掛かるのでしょうか?

屋根

屋根のメンテナンス費用

屋根は家の中でも雨風に曝されたりと、外部要因から家を守ってくれる非常に重要な部分です。

耐久は高めではあるものの、どうしても劣化はしてしまいます。

その上、雨漏りなど、起きたら生活水準にかかわる異常が表れてしまうので修繕は外せません。そんな屋根ですが、材質によって耐用年数が違いますが、大体20年もすれば徐々にガタがきます。

屋根のメンテナンスは塗装の塗りなおし、継ぎ目の補修、ひび割れの修繕などが必要になります。

屋根の修理にはいくらくらいかかるでしょうか。

屋根修理の相場は、2万円〜10万円におさまることが多いです。勿論、家の広さや破損した箇所の修理内容にもよりますが、大体の目安として覚えておきましょう。

しかしこれは、屋根の一部分だけを修理した場合の話です。

屋根全体を直す、リフォームレベルの工事になると費用もグンと上がります。修理面積や補習内容によりますが、100万円を超えることもあります。

とはいえ、リフォームレベルの工事をすれば、屋根の問題を根本から解決できて、住みやすさの向上にもつながります。お金をかけてでもいいから、ストレスのない生活環境を整えたい場合は屋根全体のリフォームを行いましょう。

外壁

外壁のメンテナンスにかかる費用

外壁も屋根と同様に雨風に直接さらされる部分です。

外壁は10年に1度くらいはメンテナンスが必要になります。

そして、外壁も屋根と同様にしっかり直そうとすると費用は高くなりがちです。

例えば、外壁のひび割れの修理であれば30万円以上かかってしまうこともあります。また、雨漏りの修理を行うと場合によっては50万円以上かかってしまうこともあります。

更に外壁全体を修理しようとすると、塗装などが必要になるためどうしても費用が高くなります。

  • モルタルの外壁塗装で60万円〜80万円程度
  • サイディングの外壁塗装で60万円〜100万円程度
  • サイディング張替えで60万円〜300万円程度

外壁のメンテナンスを行わない場合、塗装が剥げ落ちてひび割れの原因となり、早い段階で適切なメンテナンスをしなければどんどん修理箇所が増えていき、結果的に費用が高くつくということもざらにあります。

一方で高圧洗浄などの外壁の汚れを落とすだけといった簡単な作業なら家の広さ次第ではありますが、3万程度で済みます。

水回り

水回りの設備メンテナンスにかかる費用

水回りは普段使いのため、屋内の中ではかなり劣化が早いです。

また、トラブルが起きてからの対応だと、お湯が出ない、トイレが使えないなどど不便な生活を強いられてしまいます。

なので、トラブルが起こる前のメンテナンスが望ましいです。

費用は給湯器の交換(配管含む)で60万円〜80万円程水回り設備の交換は100万円〜300万円程かかります。

水回りは配管の関係もあり、どうしても費用が高くなってしまいますね。メンテナンス期間は給湯器なら10年に1度、水回り設備の交換は20年ごと、と期間を決めて交換を行うのが良いでしょう。

お庭

庭のメンテナンスにかかる費用

庭のメンテナンスは最初の設計によって大きく変わってきます。

例えば、植栽を植える際にきちんと設計されてないと高くなることがあります。

植栽は根っこが太く成長した際に配管の邪魔をする恐れがあるためです。

そうなると工事が大変になり、予想以上に高額な費用が掛かってしまうことがあります。

お金で済めばいいですが、場合によっては配管を破損させてしまってトラブルのもとになったり、工事が出来ないという事態にもなりかねないので、お庭の設計は予めしっかりと考えておく必要があるのです。

メンテナンスが必要になる期間も当然まちまちで、植栽が配管を破損してしまったら新築から数年しかたっていなかったとしてもその時点で修理が必要になります。

一方で予めうまく設計しておけば、殆どメンテナンスをすることもなく長く使うことが出来ます。

家はしっかりメンテナンスすることで長持ちさせることが出来る

前述したように家を修理しようとするとたくさんのお金が必要になります。

修理が必要になってしまったものは仕方ありませんが、なるべくなら修理しなくてもいいように家を長持ちさせたいですよね。その為に必要なのが定期的なメンテナンスです。定期的に家をメンテナンスすることで家の劣化を抑え、修理するまでの期間を伸ばすことが出来ます。

では実際にどんなメンテナンスをしたらいいのかを見ていきましょう。

屋根のメンテナンス

屋根のメンテナンスは自分で日々メンテナンスできることはさほどなく、せいぜい屋根を定期的に洗浄することくらいです。

自分で塗装をやることももちろん不可能ではありませんが、結局手間もお金もかかりますし、自分でやるよりもやはりプロに頼む方が安全です。

なので、耐用年数を把握して耐用年数が経過したころに適切な修理を行うのが、最もコストパフォーマンスが高い対応となります。

耐用年数が切れたまま放置しておくと、雨漏りが発生し始め、カビやシロアリの原因になります。カビやシロアリが発生するとリフォームが必要になり、高額な費用が掛かってしまうのでその前に屋根修理を行うようにしましょう。

また、メンテナンスフリーと呼ばれる素材もありますが、あくまでも劣化しにくいというだけでいつまでも劣化しないわけではありません。新築時にメンテナンスフリーの素材だとメーカーさんに言われても、修理をしなくてもいいというわけではないので気を付けましょう。

外壁のメンテナンス

外壁のメンテナンスは保証期間が切れるころ合いで行いましょう。

基本的には大体10年くらいで保証期間が切れて、メンテナンスが必要になります。外壁のメンテナンスは外壁にひびが入る前に行うことが重要です。

外壁にひびが入ってしまうと雨の日にひび割れの部分から雨水が侵入し、雨漏りの原因になります。

また、雨漏りとまではいかなくても家が内部からダメージを受けてしまい、家の寿命が縮んでしまいます。外壁のメンテナンスは家の寿命に深く関わる部分なので、甘く見ずに適切なメンテナンスを行いましょう。

水回りのメンテナンス

水回りは定期的なメンテナンスがオススメです。

お風呂やキッチン、トイレなど毎日使用している個所なので、劣化しやすく設備の入れ替えが必要になります。

築数十年の家にもかかわらずお風呂やトイレだけリフォームされていて、ピカピカになっている家もよくありますよね。生活の利便性にかかわるため、どうしても先行してリフォームが行われることになるのです。

逆にお風呂やトイレをリフォームせずに放置しておくと、もしトラブルが起こってしまった場合に、修理が終わるまでに不便な生活を強いられることになります。

水回りは時代とともに新機能がどんどん追加されていくこともあり、適切に設備の入れ替えを行うことで便利な生活がおくれます。

例えばトイレなら今でこそウォシュレットが当たり前の時代になりましたが、20年前はそんなことありませんでしたよね。給湯器もどんどん進化しています。お金をかければ、その分しっかり便利な生活が送れるので、水回りは定期的にメンテナンスを行いましょう。

お庭のお手入れ

庭は最初の設計次第で必要なメンテナンスが大きく変わってきます。

庭に植栽があれば、枝を切ったりと日々自分でもメンテナンスが必要になります。

一方で、植栽をほとんど植えなければ低コストのメンテナンスで済みます。例えば庭が砂利や芝生のみの場合、夏場は芝刈りが大変ではありますが、業者に依頼するほどの大仕事にはなりにくいですし、初期費用も抑えることが出来ます。

また、タイルなどを使ったモダンな庭を設計すれば、初期費用は高くつくもののメンテナンス費用はほとんどかかりません。

家のメンテナンスを怠ると余計に高くつくので注意しましょう

家のメンテナンスを怠ると余計に高くつくので注意しましょう

いかがでしたか?

今回は主に以下の4点に絞って解説をしました。

  1. 屋根
  2. 外壁
  3. 水回り

家のメンテナンス費用は、劣化すればするほどお金がかかります。

家は一生ものの買い物なので、メンテナンスを怠って寿命を縮めてしまうのは非常にもったいないです。末永くマイホームに住めるよう適切・適度にメンテナンスをしていきましょう。