キッチン吊り戸棚は活用するべき?購入費用や設置するメリット・デメリットを解説

キッチン収納の強い味方となる吊り戸棚は、空きスペースを有効活用しつつ収納力をアップできる便利な家具です。

この記事では、キッチン吊り戸棚の特徴や購入費用、メリット・デメリット、設置するときに考えたいポイントについて解説します。

キッチンの吊り戸棚とは?

ガラスのついた扉のキッチン吊戸棚

吊り戸棚とは、天井部分から吊る形で設置する収納家具のこと。

キッチンエリアに設置されることが多く、上部の空きスペースを使って簡単に収納を増やすことができます。

キッチンでは定番の収納方法ですが、難点も多々あるのでメリット・デメリットをしっかりと認識したうえで設置する必要があります。

吊り戸棚の後付けリフォームは可能?

吊り戸棚はキッチンに後付けで設置することも可能です。

サイズや種類は豊富に揃っているので、自分の料理スタイルにぴったり合った吊り戸棚を選べます。

ただし後付けの場合はインテリアを統一するのが大変で、素材感や色のバランスを整えるのには苦労するでしょう。

そのほか、取り付け予定の場所に下地補強工事をする必要があったりと、設置場所によっては機能や大きさが制限されたりする場合があります。

実際に取り付け可能かどうかよくチェックしておきましょう。

吊り戸棚の購入費用はどれくらい?

吊り戸棚の価格帯は非常に幅が広く、

  • 安価なものであれば2〜5万円程度
  • 高価なものは10万円以上
  • 高機能な自動昇降機能付きタイプは20万円以上

するモデルも存在します。

収納スペースを増設する目的であれば、安価なモデルでも十分に機能しますが、より快適な収納を追求する場合は徹底的に機能にこだわるのも良いでしょう。

注文住宅で家を建てる場合は、自分の身長や使い方に合わせたオーダーメイド設計の吊り戸棚を設置することも可能です。

この場合は大きさや機能によって値段が大きく変動しますが、唯一無二の使いやすさを備えた吊り戸棚を設置できるのが最大の魅力です。

キッチンに吊り戸棚を設置するメリット

白で統一されたキッチン収納

キッチンに吊り戸棚を設置すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。

収納力以外のポイントについても詳しく解説します。

キッチンをすっきりとした印象にできる

吊り戸棚を設置することで単純に収納力がアップするので、ごちゃごちゃしやすい調理器具や調味料の数々をまとめてしまうことができます。

キッチンは凝った料理にチャレンジすればするほど、普段使わない道具が増えていくもの。

ホットプレート・蒸し器・鍋・寿司桶などはその典型とも言える調理器具です。

キッチンの吊り戸棚は使用頻度が低い道具でも収納できるので、物で埋め尽くされやすいキッチンスペースをすっきりとした印象にできるのです。

無駄なスペースを有効活用できる

吊り戸棚は上部のスペースを使用する収納家具なので、本来は使えないはずだった空間(デッドスペース)を上手を活用することができます。

後付けで設置する場合でも、種類・大きさ・デザイン・価格帯などのバリエーションが豊富なので、空きスペースに合ったサイズの棚を選ぶことができます。

床スペースに収納家具を置く場合とは異なり、生活動線を圧迫しにくいのも嬉しいポイント!

間取り的に置ける収納家具の数が限られている場合でも、吊り戸棚であれば施工できるケースが多々あります。

子供のイタズラを防止できる

キッチンスペースは危険な調理器具が集まる場所でもあるので、小さな子供がいる家庭では心配なことも多いでしょう。

吊り戸棚は子供の身長では届きにくいため、触れられたくない道具や食べ物の収納場所に最適です。

使用頻度の低い刃物や缶詰などを収納しておけば、子供にイタズラされる可能性がかなり低くなります。

ただし、何も考えずに危険なものを詰め込んでしまうと万が一落下したときのリスクが上がるため、適切かつ安全な収納を心掛けることが大切です。

安全な吊り戸棚の収納ルール
  • 上部には軽い物を、下部には重い物を収納
  • 上部には安全な物を、下部には危険物を収納
  • 上下左右でエリア分けして、物の出し入れをしやすくする

キッチンに吊り戸棚を設置するデメリット

シンプルなキッチン

収納力がアップする便利な吊り戸棚ですが、一方で「邪魔」「いらない」「設置して後悔した」という意見もよく耳にします。

吊り戸棚を設置するデメリットについてもしっかりと学んでおきましょう。

出し入れが面倒で使いにくい

吊り戸棚は自分の目線よりも高い位置で物の出し入れをする必要があるため、通常の収納家具と比べて少し使いにくいのが特徴です。

背が高い人であっても吊り戸棚の上段や奥に収納したものが見えないので、大掛かりな整理整頓には踏み台が必要になります。

必然的に重い物の上げ下げはしにくくなりますし、踏み台を使った収納は危険性が高いもの。

その面倒な収納手順から、ほとんど使っていない道具や調理器具などが溜まりやすくなるのが難点です。

開放的な雰囲気が失われる

天井付近のスペースを埋めてしまうので、収納力アップの代償として部屋の開放感が失われやすくなります。

吊り戸棚の設置による圧迫感は意外に強く、特にアイランドキッチン型では見た目の印象が大きく変わるので好みが分かれます。

そのため、開放的な雰囲気や抜け感を意識したコンセプトの場合は、あえて収納力を犠牲にする選択も考えられます。

また、上部に障害物ができることで自然光・室内光の届く範囲が限定的になり、間取りによっては部屋が暗く見えてしまう可能性も。

ただし、逆に考えればキッチンスペースを上手に区切れるため、工夫次第で有効に活用することもできます。

窓や設備を設置しにくい

ゼロから注文住宅で家を建てる場合は、吊り戸棚を設計に組み込むことで、窓や設備に割くスペースが圧迫されるデメリットもあります。

例えば壁面に吊り戸棚を設置したいときは、収納力をとるか、窓のサイズをとるかの二択を選ぶ必要がありますし、換気扇をはじめとしたキッチン設備を設置する場合は、サイズ的にどちらかを諦めなければならないケースも発生するでしょう。

各種設備の位置が競合しやすいキッチン部分の設計には特に注意が必要です。

吊り戸棚を設置するときに考えたい4つのポイント

何も置かれていないキッチン

ここからは、実際に吊り戸棚を設置するときに考えるべき4つのポイントについてまとめていきます。

一口に吊り戸棚といってもさまざまな種類があるので、重要な項目をよくチェックしておきましょう。

どれくらいの高さにするか

吊り戸棚の設置において特に重要なのが「高さ」です。

メーカーによって高さや奥行きのバリエーションは異なり、ショートサイズで40〜50センチほどのコンパクトなサイズから、最大で90センチ以上の大型タイプまで豊富な選択肢があります。

また、既製品でなくオーダーメイド設計なら、高さ・横幅・奥行き・収納機能を自由自在に決めることが可能に。

キッチンスペースに設置する場合は、火災予防条例によってコンロから100センチ程度の高さを確保する必要があるので注意しましょう。

どこに設置するか

吊り戸棚を設置する場所によって、収納力・使い心地・見た目の雰囲気などが変わります。

コンロや流し台の上に設置するのは利便性が高いですが、調理中の圧迫感が強くなるので好き嫌いがハッキリ分かれます。

背面スペースに設置すれば機能性と作業効率は上がりますが、ほかの収納家具やキッチン設備と競合しやすくなるなど、設置場所によってメリット・デメリットが大きく変わることを覚えておきましょう。

また、広いキッチンスペースやL字キッチンなどであれば、2面に吊り戸棚を設置して使いやすさと収納力を両立することも可能になります。

扉タイプはどれにするか

吊り戸棚は開閉方法にも多彩な種類があるので、作業環境に適したタイプを選びましょう。

  • 開戸タイプ
    最も一般的なタイプで、取手を持って手前に開くシンプルな開閉方法。中に収納したものを確認しやすいですが、作業中に頭をぶつけやすいデメリットがあります。
  • 跳ね上げタイプ
    上方向に開閉する扉で、開戸と同様に収納物の確認・出し入れがしやすい棚です。使いやすい反面、種類がやや少なく、上部スペースに余裕がないと設置できないケースもあります。
  • 引き戸タイプ
    横に引いて開閉する方式で、モダンスタイルの吊り戸棚でよく見るタイプです。開閉スペースをほとんど必要としないのが最大の特徴ですが、構造上一目で中身を確認しにくいのが難点です。

自動昇降機能は付けるべきか

自動昇降機能付きの吊り戸棚は、スイッチを押すことで収納部分が自動的に降りてくる便利なタイプです。

開閉扉がないのでスペースを節約しやすく、作業しやすい位置で物の出し入れができるため利便性も最高クラス。

本体重量がかなりあるので設置面に下地補強が必要になるケースもありますが、吊り戸棚が抱える数多くの問題を解決できるのが強みです。

難点は購入費用がかなり高いこと。

メーカーの既製品であれば2〜5万円程度で入手できるのに対して、自動昇降機能付きは20〜30万円程度の予算が必要になります。

とはいえ性能はオーダーメイド設計の吊り戸棚と遜色ないレベルで高いので、条件が許すならぜひ導入したい設備の一つです。

料理スタイルに合った吊り戸棚を選ぼう

すっきりとしたキッチン

今回はキッチン吊り戸棚の特徴やメリット・デメリットについて解説しました。

手軽に収納スペースを増設できるのは魅力ですが、適当に配置してしまうと後悔するケースが多いのも事実。

理想のライフスタイルを想像してから、自分にぴったりの吊り戸棚を選ぶように心掛けましょう。

ABOUT US

KAORIインテリアプランナー
シンプルテイストな空間デザインを得意とするインテリアプランナー。ものづくりの現場好きが高じて2級建築士も取得。女性ならではのきめ細やかな提案を心がけています。心地よい空間に身を置くこと、きれいな景色を眺めることが何よりの癒し。ストレス解消は美味しいものを食べること!料理も大好きです。