人工大理石ってどんな素材?特徴・施工事例・リフォーム相場を解説

おしゃれな見た目の「人工大理石」ですが、よく似た名前で「人造大理石」や「天然大理石」があります。

あなたは、これらの違いについて知っているでしょうか?

この記事では、人工大理石について解説するとともに、施工事例やリフォーム相場も合わせて紹介します。

これから人工大理石を使ってリフォームを検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

人工大理石とは?

「人工大理石」とは、大理石のような見た目で作られている人工的な素材のことです。

「人大(じんだい)」と省略して呼ばれることもあります。

名前に「大理石」という言葉が使われているためよく勘違いされますが、天然の大理石は一切使用していません。

本物の大理石よりも柔らかいことから、さまざまな形に加工したり着色させたりすることに長けています。そのため、住宅などでもよく使われる素材の一つとして広く認識されています。

人工大理石は何でできている?

人工大理石は、ポリエステル樹脂やアクリル樹脂などを主成分として作られています。

この主成分によって「ポリエステル系人工大理石」や「アクリル系人工大理石」などと呼び名が異なることを覚えておきましょう。

人造大理石・天然大理石との違い

人工大理石とよく混同されがちな「人造大理石」や「天然大理石」との違いをみていきましょう。

人造大理石

天然の大理石を粉砕して樹脂やセメントなどで固めた素材のことです。
人工大理石との違いは2つあり、「天然の大理石を含んでいること」と「仕上げに研磨が必要で複雑な形には適さない」ことが挙げられます。この特徴から、人造大理石はキッチンの天板や床材などに使われるのが一般的です。

天然大理石

長い年月をかけて自然に作られた石材のこと。多彩な色合いや模様が高級感を生み出していて、見た目も綺麗なものが多いです。ただし水や中性以外の性質に弱く、これらに触れると輝きを失い劣化の原因になってしまいます。そのため天然大理石はキッチン素材には不向きといえるでしょう。

住宅素材に人工大理石を使うメリット

住宅素材として人工大理石を使うメリットは、次のとおりです。

  • 豊富なカラーバリエーション
  • 加工しやすく変形的なデザインも可能
  • 水垢が目立ちにくい
  • 高級感と上品さを兼ね備える

先にも紹介したとおり、人工大理石はやわらかい素材のため加工しやすい点が魅力です。

豊富なカラーを選べて、高いデザイン性も同時に楽しめます。

また現代のキッチン素材の多くは「ステンレス」か「人工大理石」のどちらかですが、ステンレスと比較すると水垢が目立ちにくく高級感を表現できる点もメリット。

キッチンを含むリビングの雰囲気を上手くまとめたい人にはおすすめです。

住宅素材に人工大理石を使うデメリット

次は家づくりに人工大理石を使うデメリットをみていきましょう。

  • ステンレス素材よりも費用が高い
  • 天然大理石よりも風合いに劣る
  • 熱や衝撃に弱い
  • 特注する場合には高額になるケースも

人工大理石はステンレス素材と比較すると、高いコストがかかる場合があります。

大理石を一切含んでいないため、天然大理石や人造大理石よりも風合いに欠けるのが難点。

そのため、自然にできた美しい見た目にこだわる人にはおすすめできません。

また、耐熱性・耐久性が低い点もデメリットの一つ。熱い鍋などを直置きすると鍋底の跡がついてしまうので、取扱いには十分注意する必要があります。

人工大理石を使った施工事例

ここからは、人工大理石を使った住宅の施工事例を紹介します。

キッチンに使えばリビングの雰囲気ともマッチ

人工大理石を使用したキッチン

キッチンの天板によく使われる人工大理石は、前述のとおり高いデザイン性があります。

天板だけではなくキッチンシンクにも人工大理石を使うことで統一感が生まれ、リビングの雰囲気と合わせてバランスを整えることが可能になります。

キッチンを含む部屋全体のコーディネートをしたい場合にはおすすめです。

生活感がでやすい洗面シンクがぐっとおしゃれに

白い人工大理石を使用した洗面

使用頻度の高い洗面シンクは、水垢が付きやすくお手入れが大変な場所の一つ。

普段から汚れやすい洗面所に人工大理石を使うことで、毎日のお掃除がより楽に終わるようになります。

キッチンのように熱いフライパンや鍋を扱うこともないので、どんなライフスタイルでも採用しやすいのがポイントです。

高級感のある石目調は浴室におすすめ

人工大理石には、石の模様を表現した石目調デザインもあります。

石目調の人工大理石は高級感があるので浴室に人気。

1日の疲れを癒す空間に高級感をプラスして、心もリラックスできるような空間に仕上げるのも良さそうです。

リフォームで人工大理石を取り入れる場合の費用

次に、人工大理石を取り入れたリフォームの費用相場をみていきます。

リフォームを検討中の人はぜひ参考にしてみてください。

キッチンの天板やシンクをリフォームする場合

人工大理石を使用したキッチン
  • キッチンの天板をリフォームする場合は「10〜25万円程度」
  • シンクを取り換える場合には「10〜20万円程度」

が費用相場といわれています。

この相場から考えると、両方をリフォームする場合には「20〜45万円程度」が必要です。

キッチン全体のリフォーム価格が約100万円かかるといわれているため、天板やシンクのみのリフォームならば比較的安く済ませることができるでしょう。

洗面台のカウンターやシンクをリフォームする場合

白い人工大理石を使用した洗面

洗面台を人工大理石にリフォームする場合には、「20万円以上」の費用がかかります。

この相場以下でも洗面台のリフォームを行えますが、人工大理石ではなく陶器の素材になってしまうことが多いため注意しましょう。

お風呂の浴槽をリフォームする場合

浴槽のリフォームでは、およそ「30〜50万円」の費用がかかるといわれています。

選ぶ浴槽の種類によっても異なりますが、サイズが大きくなると費用も比例して高くなることを覚えておきましょう。

また浴槽の交換だけではなく、浴室全体のリフォームには「約80〜100万円」の費用がかかります。

人工大理石の掃除・メンテナンスのコツ

人工大理石をキレイに使っていくためには、自分で簡単なメンテナンスをしなければなりません。

そこで最後に、人工大理石の掃除やメンテナンスのコツをお伝えします。

小さなひび割れ・欠けはDIYでも修復可能

白い人工大理石を使用した洗面

人工大理石に小さなひび割れや欠けを見つけたら、DIYで修復してみましょう。

  1. ひび割れた箇所の周りを養生テープで囲う。
  2. 変成シリコーン樹脂でできた接着剤でひび割れを埋めていく。
  3. すぐに乾いてしまうため、乾燥しないうちにヘラなどで平らにする。
  4. 養生テープを剥がし1日程度放置して完全に乾燥させる。
  5. ヤスリなどで表面を軽く削ってキレイにする。

小さなひび割れ程度なら、この方法で修復可能です。

コーティング剤や保護シートで汚れを予防

人工大理石をキレイに使っていくコツは、コーティングや保護シートを活用することです。

たとえばキッチンの天板やシンクをコーティングすることで、汚れが付着しにくくなり傷やシミも防いでくれます。

また手軽に汚れを防止したいなら、シリコーン製の保護シートがおすすめ。

食器やカトラリーを置いたときにつきやすい傷を防止したり、まな板の下に敷いて滑り止めにしたりすることもできます。

黄ばみにはクリームクレンザーを活用

白い人工大理石を使用した洗面

人工大理石が黄ばんできてしまった場合には、市販されている「ジフ」などのクリームクレンザーを使いましょう。

ジフには「研磨剤」と「界面活性剤」が含まれていて、ほとんどの汚れや黄ばみを落とせます。

ここで「研磨剤が入っていると、人工大理石を傷つけてしまうのでは?」と疑問に感じるかもしれません。

しかしジフに含まれている研磨剤は、やわらかい天然成分のものを使っています。

そのため傷がつきにくく、汚れを落とす効果のある界面活性剤も含まれていることでラクに黄ばみを落とせるのです。

クリームクレンザーを使用するときは、やわらかい食器洗い用スポンジなどを適量出して、黄ばんでいる部分をクルクル擦るように洗ってください。

経年の傷・汚れには研磨で光沢を取り戻そう

経年でついてしまった傷や汚れによって、人工大理石が輝きを失ってしまうこともあるでしょう。

そんなときには、「大理石用ダイヤモンド研磨パッド」などを使って光沢感を取り戻すのがおすすめです。

大理石用の研磨パッドは、目の粗さによって番号が異なります。

細かいホコリやゴミなどを取り除き、小さい番号の研磨パッドから順番にムラがないように磨いていきます。

磨いている途中で発生する水気はドライヤーなどでこまめに乾かしつつ、徐々に磨きムラを少なくしていくのがコツです。

ただし人工大理石のメーカーによっては材質が異なる場合もあるので、この方法でうまくいかなかったときは販売元に問い合わせてみるのも一つの手です。

見栄えがよく扱いやすい人工大理石で水回りをおしゃれに

人工大理石を使用したキッチン

人工大理石は無機質なステンレス素材と比べて高級感や上品さがあり、リビングダイニングをトータルコーディネートしたいときに適している素材です。

汚れに強い性質もあるので、掃除を楽に済ませたい人にもおすすめ。

人工大理石をキレイに使うコツやメンテナンス法をマスターし、おしゃれな水回りを実現してみてくださいね。

ABOUT US

KAORIインテリアプランナー
シンプルテイストな空間デザインを得意とするインテリアプランナー。ものづくりの現場好きが高じて2級建築士も取得。女性ならではのきめ細やかな提案を心がけています。心地よい空間に身を置くこと、きれいな景色を眺めることが何よりの癒し。ストレス解消は美味しいものを食べること!料理も大好きです。