リビングにぴったりなコーヒーテーブルを選ぶコツ&北欧家具ブランド紹介

ソファの相棒的な存在である「コーヒーテーブル」は、快適なくつろぎ空間を作るには欠かせない人気アイテムの一つ。

色・形・デザイン・価格帯が多種多様で、ほかの家具とのバランスを考えながらトータルコーディネートできる汎用性の高い家具として知られています。

今回はリビングにぴったり合ったコーヒーテーブルの選び方と、おしゃれなデザインのコーヒーテーブルを取り扱う北欧ブランド家具ラインナップを紹介します。

コーヒーテーブルの特徴は?

コーヒーテーブルとは、背丈の低いテーブル家具のこと。

特性上、くつろぎやリラックスを目的としたリビングに配置されることが多く、ソファ・ラグ・カーペットなどと一緒にレイアウトすることが多いのが特徴です。

家具メーカーによって呼び名は様々で、ティーテーブル、ローテーブル、リビングテーブル、座卓などと呼ばれることもあります。

コーヒテーブルを選ぶポイント

リビングにぴったりのコーヒーテーブルを選ぶには、どのようなポイントに気を付ける必要があるのでしょうか。

用途に合わせてチェックしたい5つの項目を紹介します。

形やデザイン

丸いコーヒーテーブル

まず最初に重視したいポイントは、形やデザインです。

いくら機能的なコーヒーテーブルだったとしても、リビングとの雰囲気にマッチしていなければ印象は良くありません。

一般的におしゃれで奇抜なデザインになるほど機能性が失われていくので、自分の好みやほかの家具とのバランスを考えながら理想のデザインを追求してみてください。

形状でよくある悩みは、四角テーブルと丸テーブルどちらにするかというもの。

四角テーブルは机の面積が広いぶん場所をとりやすく、丸テーブルは多人数で話しやすい反面一人分のスペースが狭くなりがち…と双方にメリット・デメリットが存在します。

用途に合わせて適した形状を選ぶのも大切なポイントです。

用途にあった高さ

ソファの横にあるサイドテーブル

用途に合った高さを選ぶのも重要なポイントの一つ。

ソファで過ごす場合と、テーブルの前に直接座って過ごす場合とでは、生活に適した高さが異なってきます。

座った位置から計算して、快適に使える高さのテーブルを購入するのがベスト。

自分だけの使い心地で決めるのではなく、家族や来客にとっての使いやすさを考えるのも良いでしょう。

部屋のテイストにあった素材

ガラス製のコーヒーテーブル

お部屋のインテリアを重視したいときは、機能面だけなく見た目や素材にもこだわりたいところ。

スタイリッシュな家具で統一してモダンインテリアを目指す」「温もり溢れる木製テーブルで可愛らしさを演出する」など、テーブル一つでお部屋をがらりと変えられるようになります。

一般的にガラス製のテーブルは機能的でデザイン性が高いという特性があり、木製のテーブルは温もりと手触りの良さが魅力になります。

ラグとのトータルコーディネート

ラグのひかれたリビング

テーブル下にラグやカーペットを敷く場合は、色やデザインのバランスを考えてテーブル選びを進めるのがおすすめです。

欲しいテーブルを最初に決めてからラグを選ぶのでも良いですし、ラグを含めたお部屋のインテリアを完成させてから、雰囲気にぴったり合ったテーブルを探すもの良いでしょう。

ラグはフローリングの傷や汚れを防止する効果もあるので、コーヒーテーブルとは相性抜群のインテリアアイテム。

家具同士のバランスを重視したトータルコーディネートで、居心地の良いリビング空間を作りましょう。

あると便利な収納機能

ラックのついたコーヒーテーブル

コーヒーテーブルには、机下に収納スペースを備えたタイプが多く販売されています。

アクセサリーケースが付いたものや、前面ガラス張りで収納物を上から確認できるもの、大きめの収納引き出しが何個も付いているものなど、収納性・デザインなどは多種多様です。

特に見せるタイプのテーブル収納は、お部屋の印象を大きく左右するインテリアの一つ!

サブの収納スペースとして活用すれば、すっきりとしたリビングを作る手助けをしてくれます。

おしゃれなコーヒーテーブルが買える北欧ブランド紹介

コーヒーテーブルのあるリビング

安価なコーヒーテーブルは大手ホームセンターなどでも購入できますが、せっかく買うならおしゃれなブランドの家具で統一したいという人もいるでしょう。

今回はおしゃれなデザインに定評がある北欧家具メーカーをいくつか紹介します。

お手軽価格の大人気ブランド「IKEA」

IKEAのコーヒーテーブル

リーズナブルで良質な家具を多く扱う「IKEA」では、シンプルデザインのコーヒーテーブルを多く取り扱っています。

ラインナップは素朴な木製素材のテーブルが多く、安いものなら2,000〜4,000円台で購入することができます。

色・素材・大きさなどの種類も豊富で、どんなお部屋にも合わせやすい商品が多く並んでいるのが特徴。

子供用のコーヒーテーブルの種類も充実しています。

こだわり派におすすめ!「CARL HANSEN & SON」

カールハンセンのコーヒーテーブル

伝統的な北欧家具メーカー「カール・ハンセン&サン(CARL HANSEN & SON)」は、無駄を削ぎ落としたミニマムなデザインのコーヒーテーブルを販売しています。

見た目は簡素な印象ですが、完成された美しいデザインの家具が多く、細部にまでこだわり抜いた家具職人の技術を垣間見ることができます。

お値段はかなり高めですが、丁寧にお手入れすれば一生使えるほど丈夫で良質な家具です。

シンプルデザインが光る「eilersen」

アイラーセンのコーヒーテーブル

デンマーク発祥のインテリアブランド「アイラーセン(eilersen)」は、快適な座り心地を追求し続ける北欧のソファーメーカーです。

コーヒーテーブルのラインナップは特に高級志向!ひときわ目を引く大理石のテーブルに、幾何学的なデザインのレッグがなんとも特徴的なデザインです。

サイズ・色・素材は数パターンから選べるので、部屋の雰囲気に合わせて自由にチョイスできるのも魅力。

高級感溢れるコーヒーテーブルが欲しいならぜひチェックしておきたいブランドです。

時代に左右されないデザインを生み出す「FRITZ HANSEN」

フリッツハンセンのコーヒーテーブル

伝統的なスタイルの家具作りを手がける「フリッツ・ハンセン(FRITZ HANSEN)」は、時代に流されない王道デザインのコーヒーテーブルを販売しています。

サイズや色を選べるセミオーダー方式なので、お部屋のスタイルに合った使い勝手の良いテーブルが手に入るのが魅力。

ホテルやカフェへの導入事例も多く、おしゃれな雰囲気のリビングを作りたい人にはぴったりの代物です。

大人気ソファと合わせてチェックしたい「GETAMA」

北欧を代表する家具メーカー「ゲタマ(GETAMA)」が展開するのは、デザイン性と品質を見事なバランスで両立したコーヒーテーブルです。

木製タイプ・ガラスタイプどちらも取り扱いがあり、通常サイズよりも小振りなテーブルや、一部折り畳みが可能な省スペースタイプなど種類も様々!

代表的な名作が多いソファ・チェアなどの家具と組み合わせて、おしゃれ度の高いお部屋をレイアウトするのもおすすめです。

コーヒーテーブルを置いて優雅なおうち時間を過ごそう

天然石が特徴的なコーヒーテーブルのあるLDK空間

この記事ではコーヒーテーブルを選ぶときに気を付けたいポイントと、おしゃれな北欧ブランドの家具メーカーを紹介しました。

人が集まる素敵なリビング空間を作りたいなら、この記事を参考にお部屋のコンセプトぴったりに合ったコーヒーテーブルを選んでみてくださいね!

ABOUT US

だんご家具販売スタッフ
雑貨と家具に興味があり、日々大好きなものに囲まれながら仕事しています。話すこと、食べることも大好きなので、接客の際に商品提案のお話だけでなく、お客様から美味しいお店の情報を仕入れることも大切にしています。