究極の離れ空間!ガーデンアネックス(GARDEN ANNEX)の特徴・魅力・施工事例を徹底解説

誰にも邪魔されない「究極の離れ空間」として知られるガーデンアネックス。

完全にプライベートな空間で最高の絶景や贅沢な生活を楽しめるとあって、最近注目度が高まっています。

この記事では、謎のベールに包まれているガーデンアネックスの特徴・魅力・機能・施工事例などについて徹底解説していきます。

ガーデンアネックスとは

黒で統一されたガーデンアネックス

「ガーデンアネックス(GARDEN ANNEX)」とは、LIXILが手掛ける超豪華仕様の屋外空間です。

コンセプトは「究極の離れ」であり、設備のグレードは文句なしの最高クラス。

天井・壁部分の開閉を自由自在に行えるので、外の世界から独立したプライベートな居室としても使用できますし、壮大な自然を体感できる屋外スペースとして活用することも可能。


極限まで削ぎ落とされたシンプルなデザインも魅力で、まさに最高の暮らしを体感できる離れとなっています。

ガーデンアネックスに備わった機能

ガーデンアネックスには標準装備された機能と、オプションとしてアップグレードできる機能の2種類があります。

標準仕様でも快適に過ごすことは可能ですが、機能を追加することでより充実した体験ができるようになります。細かい仕様と機能をチェックしてみましょう。

日差しを調節できる天井ルーフルーバー

ルーバーが開いて青空が見えている様子

屋根に標準装備されたルーフルーバーは、遠隔操作によって開閉・日差し調節ができます。

強い日差しや雨風を防いだり、全開にして空の景色を楽しむことが可能。

仕様は全自動で開閉できるタイプと、ルーフルーバーの角度のみを調節できるタイプの2種類。

導入する環境に応じて最適な仕様を選択しましょう。

幻想的なライトアップを楽しめるLED照明

LEDライトが光っているガーデンアネックス

オプション機能となるLED照明は、フレームと柱部分に設置される色彩調節が可能なライト。

多彩な色のパターンで夜の空間を幻想的に彩ることができます。

ちなみにルーフルーバーやLED照明は、専用アプリをダウンロードすることでスマホ・タブレットで遠隔操作が可能に。スイッチいらずで手軽に環境を変えることができます。

天候に応じて調節可能なロールスクリーン

ロールスクリーンを半分おろしている様子

壁面部分は、不透明のロールスクリーンをオプションで取り付けることができます。

半目隠しのような透過性なので、自然光を取り入れつつ、外からの視線をシャットアウトすることが可能。光電センサーによって安全性も担保されています。

風景を損なわずに仕切りを設置したい人は、ガラスパネルを追加設置するのもおすすめです。

快適性を高めるヒーター&スピーカー

ガーデンアネックスのスピーカー

オプション機能でヒーターやスピーカーを内蔵することも可能。

壁を締め切ってヒーターを付ければ、冬シーズンでも快適な室内空間で過ごせます。

また、スピーカーはBluetooth接続なので、スマホ一台でお気に入りの音楽を流すことができます。

ガーデンアネックスを活用した暮らしの事例

ガーデンアネックスを導入すると、どんな暮らしを楽しめるようになるのでしょうか。

絶好のロケーションを活かした使い方の例をいくつか紹介します。

贅沢なプライベート離れ

陽が沈む様子を見ている夫婦

コンセプトにもある通り、最高に贅沢な離れとして活用するのが最もポピュラーな使い方です。

家の敷地から少し離れた静かな場所に設置しておけば、外の世界から完全に独立したプライベートな空間が完成。

自然に囲まれた絶好のロケーションで一人過ごせば、最高の心地良さと癒しを味わうことができます。

豪華なホームパーティー

天井を開けている様子のガーデンアネックス

非日常を存分に感じられる豪華な空間なので、人を招いておもてなしをするのも良いアイデアです。

アウトドア用のソファ・テーブルを持ち込んで、自慢のお酒と手料理を振る舞えば、普通のホームパーティーでは味わえない貴重な時間を共有できます。

天候によって天井・壁面を全開にすることもできるので、時間帯によって違った景色を見せられるのも魅力です。

アトリエ・ワークショップとして活用

緑がきれいな場所にあるガーデンアネックス

仕事や趣味の用途で活用したいときは、自分の作品を展示するギャラリー・アトリエにしたり、ワークショップとして体験イベントを開くのもおすすめです。

屋外と屋内2通りの使い方ができる特別な空間なので、アイデア次第でどんな用途にも対応します。

座学は屋内モードで行い、実習はオープンスペースにして屋外に行うといった使い方も楽しそうですね。

アウトドアレジャーを楽しむ拠点に

海が一望できる場所にあるガーデンアネックス

屋外活動をもっと楽しみたいなら、ガーデンアネックスの周辺をアウトドア・キャンプの拠点にしてしまうのもおすすめです。

周囲に豊富な自然があることが条件ですが、テントを張ってバーベキューを楽しんだり、持ち運び可能なファイヤーキャンドルで灯りを鑑賞したり、望遠鏡を持ち込んで天体観測をしてみたりと、自然と触れ合う遊びに没頭できるようになります。

ガーデンアネックスの施工事例

ガーデンアネックスは、離れとして家から分離させて建築することもできますし、家の一部として組み込む設計にすることも可能です。

代表的な施工事例と仕様のポイントをチェックしてみましょう。

陸と空を独り占めできる離れ空間

見晴らしのいい場所にあるガーデンアネックス

周囲に障害物がほとんどない平野に建てるのが最も代表的な施工事例です。

コンセプトにもなっている「贅沢な離れ」を一番強く体感できるのがこのタイプで、非日常感を存分に味わいたい人に向いている設計スタイルです。


中から見える景色はかなり良く、天井や壁を全てオープンにすることで最高の開放感を得ることが可能になります。

土地の入手が一番の難関ですが、条件が許すのであればぜひ導入したい仕様の一つです。

森林の中に建てる隠れ家風スペース

自然豊かな場所にあるガーデンアネックス

アウトドア派・自然派におすすめなのが、木々が生い茂る森の中に建てる隠れ家的なスペースです。

遠くまで抜けるような開放感は少ないですが、自然の光・緑・風の心地良さを存分に楽しむことができます。

外に出てアウトドアレジャーに没頭することも可能。

こちらのタイプは天井を全開にすると、落ち葉や虫が入って来る可能性が高いので、ルーフの角度調節のみをできる仕様で十分かもしれません。

屋内で過ごすことが多い場合は、ガラスパネルの施工もおすすめです。

リビングから直接移動できる一体型

森の中に建てられたガーデンアネックス

リビングや居室から直接移動できるのが一体型タイプ。

部屋から直接ガーデンアネックスに行くことができるので、生活スペースの一つとして気軽に活用するができます。

光を通しやすい性質上、植物を育てるコンサバトリーや日光浴用のサンルームとして活用することも可能。オプションでヒーター機能を付ければ冬でも快適に過ごせます。

天井・壁を全てオープンにすれば庭のように活用することもできるため、使い方の幅が非常に広いタイプです。

最高に贅沢な空間を所有したい人におすすめ

ガーデンアネックスの特徴やメリット、施工事例について紹介しました。

まだ知名度が少ないですが、最高に贅沢な離れが欲しい人には人気が高く、年々施工事例が増えています。

サイズや仕様などを細かく設定できるオーダー仕様なので、マイホームの魅力を活かすような設計にすることも可能。

注文住宅の一部として導入することも可能なので、気になる人はぜひチェックしてみてください。