ワクワクする趣味の部屋を作りたい!おすすめの間取りとインテリアのコツを伝授

ストレスの多い現代社会を生き抜くには、日常生活の中にちょっとした楽しみをプラスすることが大切。そんなときに役立つのが、好きなことに思う存分没頭できる「趣味の部屋」です。

賃貸物件や小さなマイホームでも、ちょっとした手間と工夫を凝らすだけで趣味の空間を作ることができます。

この記事では、遊び心溢れる趣味の部屋の作り方や、手軽にできる空間作りのアイデア、趣味の部屋の実例などを一挙に紹介!こだわりの空間を作るときの参考にしてみてくださいね。

自分専用の「趣味の部屋」がある暮らしの魅力とは?

工具の並ぶデスク

趣味の部屋とは、”自分の趣味に集中するために作ったスペースや空間“のこと。

読書・映画・アウトドア・DIYなど、趣味を存分に楽しめるような専用部屋を作り、それだけに没頭できる時間を確保するのが主なコンセプトです。
小さな賃貸でも工夫次第でスペースを確保できるので、どんな人でも自分だけの作業空間を作ることが可能に!

趣味の部屋を作ることで
✓常生活に楽しみが生まれる
✓日々のストレスを発散できる
家で過ごす時間がより楽しくなる
など、さまざまなメリットを得られるようになります。

趣味の部屋におすすめの場所や間取りのテクニック

趣味の部屋を上手に作るには、物件の間取りに合わせて空間を有効活用していく意識が大切になります。

この章では、間取りを最大限に活かすための空間テクニックを紹介します。

押入れやクローゼットなどの収納スペースを有効活用

賃貸物件で大掛かりなDIYができない場合は、余っている収納スペースをプチ改造して趣味の部屋を作ってしまう方法がおすすめ。
壁面収納や引っ掛けポールを利用すれば、道具の収納場所と作業スペースを同時に確保することができます。

押入れの場合は中央の板をいかに上手に活用できるかがポイント!襖を外して壁面・上部の収納を強化し、専用の作業机のように使うのも良いでしょう。

ロフトを使ってコンパクトな趣味部屋に

屋根裏部屋にある趣味の部屋

ロフトスペースがある物件の場合は、ロフト部分をそのまま趣味部屋に変えてしまうのもあり。
作業主体の部屋・コレクション部屋どちらとも相性が良く、趣味と生活部分を明確に区切れるのが最大の魅力になります。

視覚を遮りやすいので、プライベードな空間を確保したい人にはおすすめです。
照明やインテリアにも力を入れれば、隠れ家のような雰囲気を演出することもできます。

気持ち良いオープンスペースの趣味部屋

大きめのテラスやベランダ、小庭がある場合は、外スペースを趣味の空間にしてしまうのも良いでしょう。テーブル・チェア・ウッドデッキ・パラソルなどの家具を一通り揃えれば、立派な趣味部屋が完成します。

心地よい風や景色を楽しめる場所であればさらに作業効率がアップ!
通常の趣味に加えて、アウトドアやDIY系の趣味を楽しむのにも適しています。

寝室やリビング端の仕切ったスペース

部屋の一部分を仕切って趣味のスペースにする方法も人気です。
リビングの一部に仕切りを作って趣味部屋にしたり、寝室のドレッサー周りを書斎のように使うアイデアもあります。

LDKなどのメインスペースであれば、趣味に集中しつつ家族と会話したり、子供の様子を見たりすることが可能に。開放感に溢れた趣味部屋を作りたい人にはおすすめです。

ガレージを趣味部屋に

ガレージ付き物件の場合は、空間を丸ごと趣味全開のスペースにすることが可能です。

ガレージは屋外と屋内の中間のような特性を持つ空間なので、ジャンルを問わず幅広い趣味を採用できます。車やバイクのカスタマイズ部屋にしたり、アウトドアグッズの保管場所にしたり、トレーニング部屋として活用したりと、アイデア次第で多彩な使い方ができるのが魅力です。

自分の世界に没頭する趣味の部屋を作るヒントやアイデア

理想の趣味部屋を作るには、どのようなポイントに気を付ければ良いのでしょうか。

せっかく作る趣味の部屋だから、収納やインテリアはとことんこだわりたいもの!
ここからは手軽かつ低コストでできるアイデアの数々を紹介します

百均グッズで趣味部屋を飾る

棚の上の雑貨

趣味部屋のインテリアは、百均グッズを上手に活用することでおしゃれな雰囲気にできます。

小分けケースや壁付けフックなどを利用することで、省スペースの空間にも大容量の収納を仕込むことが可能に。

一つの商品が安く、複数組み合わせることで真価を発揮する百均グッズは、特にハンドメイド系の作業スペースを作りたいときに相性抜群!アイデア次第で多彩な使い方を編み出せるので、お部屋の間取りに合わせて設置してみてくださいね。

DIYでもできる!収納スペースを設ける

趣味部屋の収納力をより強化したい場合は、DIYで収納スペースを増築するのがおすすめ。
収納グッズを買って揃えるよりも設計自由度が高く、自分の趣味に合った使いやすい空間を作ることができます。

収納をコンパクトにまとめれば、2畳程度のスペースでも小さな書斎やコレクションルームを作ることは可能です。死角になりやすい天井や壁面の空間を有効活用して、見た目もワクワクするような収納スペースを作りましょう。

防音効果のある窓・壁・シートにする

趣味の部屋を作るときに特に気を付けたいのが防音設備です。
大きな音が出やすい工作系・音響系の趣味は、集合住宅であれば対策が必須になります。

壁や床に手軽に貼り付けられる防音シートがあるので、簡単に済ませたい人はこちらを利用しましょう。DIYで防音性に優れる壁を施工したり、窓を防音ガラスに変えるといった処置も有効です。

小さな部屋であるほど防音対策がしやすいので、部屋選びの段階で適正をチェックしておくのもおすすめです。

趣味の部屋のインテリア実例

ここからは趣味部屋の実例をもとにしながら、インテリアにおすすめのアイデアや間取りを紹介していきます。

どんな空間を作りたいか想像を膨らませながら、理想のお部屋作りの参考にしてみてください。

ゆっくり時間を過ごせる!音楽・ゲーム・映画鑑賞の部屋

ゲームをしている様子

音楽・ゲーム・映画を楽しむ趣味部屋は、防音設備さえしっかり整えれば非常に没入感の高い空間になります。
大画面のモニターと高音質のヘッドフォンでゲームを楽しむのも良いし、プロジェクターとスクリーン、ゆっくり座れるソファを用意してホームシアターを作るのもあり!
防音性を高くすれば、ギターやピアノなどの楽器も楽しめます。

本に囲まれたい!漫画部屋・書斎

ぎっしりと本が並ぶ本棚

本や漫画を読むための書斎スペースは、読書好きなら一度は憧れる部屋の一つ。壁一面に広がる大きな本棚を設置して、お気に入りの本を思う存分読みましょう。

小さな机と椅子を設置して作業スペースを追加すると実用性がさらにアップ!
壁側収納がメインなので省スペースでも作りやすいのがメリットです。

集中しやすい!編み物・手作りのクラフト部屋

何か作っている様子

編み物・アクセサリー・DIY家具などを作るためのクラフト部屋は、何を作るかによって必要な設備や広さが異なってきます。

広めの作業スペースと専用設備があれば成立することが多いので、ロフトやオープンスペースにも作ることができます。ハンドメイドの小物やアクセサリー、イラストをそのまま部屋に飾り付ければ、自分専用のギャラリーとしても使うことができます。

ファッション好きならほしい!古着・スニーカーのコレクション部屋

洋服

ファッション好きの人におすすめなのが、自分だけの衣装部屋やウォークインクローゼットを作ってしまうこと。持っている服の量や用途に応じて、広さと収納スペースを確保しましょう。

高さに応じて収納棚の位置を変えれば、小物や靴など服以外のアイテムも収納しやすくなります。
レトロな収納ボックスや間接照明などで雰囲気を作れば、そこにいるだけで心地よい気分になれる癒しの趣味部屋を作ることができます。

家で体を動かしたい!お家トレーニングジム

ヨガをしている様子

ダイエットや筋トレが趣味の人は、小さなトレーニングジムを作ってしまうのも良いでしょう。

ダンベルやヨガマット、腹筋台などの筋トレグッズを揃えれば、自宅の一室がジムへと早変わりします。スペースに余裕があれば、懸垂台・腹筋台・全身鏡などを揃えて機能をグレードアップするのもおすすめ!

クッション性の高いシートを敷いておけば、防音性・安全性の両方を高めることができます。

車好きにはたまらない!車・バイクの趣味部屋

自転車

ガレージや玄関土間といった部屋と相性が良いのが、車・バイク・自転車などの趣味部屋です。

単純に車庫として使うのも良いですし、カスタマイズ専用部屋としての運用も可能。
軽量自転車であれば壁掛け収納もできるので、スペースに余裕を作ることができます。

コンクリート系の床と合わせて無機質な空間を作ったり、ウッドデッキ調にして温もり溢れる空間を作るなど、インテリアの幅も広いのが特徴です。

釣り・サーフィン・アウトドアの趣味部屋

サーフボードの置かれた空間

アウトドア系の趣味部屋は、海や山などの自然が好きな人におすすめしたい空間です。

あえて見せる収納にしてグッズを並べれば、キャンプハウスのような味のある部屋を作ることが可能に!オープンスペースにサーフボードを壁掛けするなど、サーファーズハウスのような雰囲気を演出することもできます。

見た目の良さと機能性、どちらを求めるかは好み次第!
玄関と近い位置に趣味部屋を配置すれば、使い勝手がさらに良くなります。

趣味に没頭できるお気に入りの部屋を作ろう

ギターの置かれた部屋

趣味部屋の作り方とインテリアのコツ、さまざまなタイプの趣味部屋の実例を紹介しました。
趣味だけに没頭できる空間は贅沢と思われがちですが、ちょっとした工夫を凝らすだけでも自分だけの空間を作ることはできます。

百均グッズやプチDIYでも雰囲気抜群の趣味部屋を作れるので、実例を参考にしながら手軽なものから試してみてください。

ABOUT US

koda
koda
デジタル機器が溢れかえり、情報にいつでもアクセスができる世界から一歩引いた世界が好き。その中での「くらし」を再現することが趣味です。料理をしたり洗濯掃除、散歩など人間らしい生活を送るのがとても楽しいです。