北欧インテリアで家を北欧風に!デザインの特徴と6つの定番アイテムを紹介

自然な色合いやシンプルなデザインで、多くの人を虜にする北欧インテリア。

北欧家具や雑貨の並ぶ家具店や雑貨店が増え、北欧インテリアは手軽に取り入れられるようになりました。

北欧インテリアにはどんなものがあるのか、また北欧インテリアが、なぜこれほどまでに愛されるのか、その理由を探ってみましょう。

簡単に取り入れられるアイテムもご紹介します。

北欧インテリアとは?

洗練されたデザインの北欧雑貨

北欧の定義は色々あるようですが、中でもインテリアのことを話す時は、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、アイスランドの5ヶ国を指す事が多いようです。

これらの国は、森林が多く、冬の日照時間が短いのが特徴です。

自然に寄り添った生活や、長い冬を家の中で過ごす環境が、いわゆる北欧インテリアの形成に繋がったと推測されます。

北欧スタイルのデザインはなぜオシャレ?その特徴とは

北欧インテリアの特徴は、何と言ってもシンプルでナチュラルなことでしょう。

シンプルだけど、なんだかオシャレ。

ナチュラルな色合いやポップなデザインは、どんなスペースにも置ける使い勝手の良さがポイント。

これらの特徴には、アルネ・ヤコブセンやマリメッコといった北欧出身の有名デザイナー・ブランドも影響していると言われます。

ナチュラルで植物と動物のモチーフや幾何学模様の柄

動物をモチーフにした雑貨

テキスタイルを始めとして、北欧インテリアのアイテムは、植物や動物といった自然のモチーフや、シンプルな幾何学模様が特徴の一つ。

フィンランドで生まれたブランド「マリメッコ」を代表する「ウニッコ」という花柄は、デザイナーの故郷の風景からインスピレーションを受けたものとか。

身近な自然から生まれた模様だからこそ、私たちの生活にもしっくりと馴染むのかもしれません。

家具・照明はシンプルな形

シンプルな形の北欧インテリア

北欧スタイルの家具や照明は、何と言ってもデザインがシンプルです。

良いものを長く使う伝統が息づく北欧では、部屋のイメージを決定づける家具や照明は、飽きのこないシンプルなデザインが好まれるのでしょう。

シンプルな形は他のインテリアとも合わせやすいのがポイント。

家具や照明をひとつだけ北欧インテリアに置き換えても、まるで前からそこにあったように部屋に馴染んでくれます。

洗練された配色

優しい配色の壁

北欧デザインには、白や明るい木の色など、ナチュラルな色合いが多く見受けられます。

長い冬を少しでも快適にリラックスして過ごしたいという北欧の人たちが選ぶのは、例えばグレーでも温かみのある色調です。

落ち着いた色合いだけでまとめても良いですが、アクセントになる色で遊び心あるアイテムを取り入れるのもオススメです。

ビビットな色を入れることで全体が引き締まり、洗練したイメージを生み出します。

北欧インテリアは6つの定番アイテムで決まり

北欧インテリアが置かれたおしゃれなダイニング空間

家に北欧インテリアを取り入れたいと思っても、実際どこから始めていいのかわからないといった悩みもあるのではないでしょうか。

こちらでは、北欧インテリアの定番アイテムをご紹介します。

何かひとつ取り入れるだけで、イメージがガラリと変わることもありますよ。

派手すぎないシンプルなカーテン

優しい色合いの敷物や動物をモチーフにしたカーテン
unico:https://www.unico-fan.co.jp/shop/g/gU43440151201719A0003/

インテリアに北欧風味を加えたいと思ったら、カーテンを変えてみてはどうでしょうか。

植物や動物のモチーフ、幾何学模様など、温かみのある模様と優しい配色を組み合わせたカーテンは、シンプルだけど、アクセントになるアイテム。

また、カーテン上部にタック(ひだ)がなくてストンとしたデザインが多いため、模様がきれいに出て、すっきりと見えます。

注意点としては、お店では良いと思っても、小さな部屋ではイメージが変わることもあるということ。

自分の部屋を想像して、部屋に合ったデザインと機能を備えたカーテンを選びましょう。

ほっこりする自然に近い色味のラグ・カーペット

北欧テイストのラグ

寒さから足元を守り、ホコリを抑え、生活音を和らげるなど、予想以上に多くのメリットがあるラグやカーペット。

これらのアイテムにも北欧テイストを加えることで、部屋全体がほっこり柔らかなイメージになることも。

一般的に大体3畳までの大きさのラグは、大きなカーペットと比べて、少し大胆なデザインや色でスタイリッシュにまとめることもできるでしょう。

リビングに大きめの観葉植物

階段下のギャラリースペースに置かれた北欧デザインのラウンジチェアと植物

自然をモチーフにしたデザインやナチュラルカラーが好まれる北欧デザインには、自然の緑がよく映えます。

シンプルなテイストの部屋に大きな観葉植物を置けば、それだけで部屋のイメージが引き締まります。

「フィカス・ウンベラータ」や「モンステラ」といったインテリア雑誌でよく見かける植物の他に、独特な形をした植物で個性を出すのも良いですね。

天然木を使用した家具

天然木を使用した北欧インテリア

天然木を使った家具は、森林の多い北欧インテリアの代表アイテムです。

古くから地域の木材を使った家具作りが盛んで、流行に流されることのなくシンプルなデザインの家具が作られてきました。

使われる材質は、バーチ、ビーチ、パイン、チークなどで、比較的明るい色合いが好まれると言います。

シンプルな絵や写真を飾る

写真を飾った壁

いつもの部屋に、絵や写真を飾るだけで、ガラリとイメージを変えたり、ほっと和む空間を作ることも可能です。

無機質な部屋でも、写真や絵を飾ることで彩りを与えたり、目を引くポイントを作ってあげる事ができるのです。

北欧テイストにしたいけれど、何を飾ればいいかわからないという人は、まずモノトーンのシンプルなものを選ぶと失敗がないでしょう。

北欧柄のスリッパやクッションなどの日用品

ヨハンナグリュクセンのクッションやベッドカバーを使った寝室

スリッパやクッションなどの日用品は、お金をかけずに北欧テイストにしたい時にぴったり!

家具やカーペットなど、大きなインテリアで冒険はできないけれど、スリッパやクッションであれば、ビビットな色合いや大胆なデザインでも取り入れやすいでしょう。

例えばアニマル柄のアイテムが欲しいと思った時、カーテンやカーペットでは可愛らしくなりすぎても、クッションやスリッパなどの小さなアイテムだったら大丈夫。

部屋にアクセントを与えてくれるでしょう。

北欧風の暮らしを叶える!代表的な家具インテリアメーカーやブランド

北欧風なシンプルなデザインの棚

高級家具を始め、量販店、雑貨店まで、至る所で北欧スタイルの雑貨や家具を目にします。

こちらでは、中でも北欧スタイルのインテリアを代表するお店をご紹介します。

個人には販売しないショールームもあるので、興味があったら事前に確認しておきましょう。

北欧のライフスタイルを提案する「スカンジナビアンリビング」

デンマーク家具・建材を輸入する「スカンジナビアンリビング」は、洗練されたデザインと職人技が光る建材や家具を取り揃えています。

そのラインアップは、無垢フローリングに始まり、古くからの名作家具や斬新な家具まで多彩。

親から子へ、子から孫へと継承されていくのにふさわしいアイテムが見つかることでしょう。

お手頃の値段でおしゃれな家具が買える「IKEA」

世界最大規模の家具量販店「IKEA」。

1934年にスウェーデンで生まれて以来、日本を含め、世界中に大型店舗を展開してきました。

建材、家具、オーダーメイドのキッチンといった大型なものから、スリッパや食器などの小物まで、リーズナブルにおしゃれなアイテムが見つかります。

モデルルームのように商品が置かれた売り場では、台所、バスルーム、寝室など、インテリアコーディネートのヒントが散りばめられています。

北欧家具から雑貨まで扱っている「CHLOROS」

家具のリサイクル、ビンテージ家具の販売で出発した「CHLOROS」は、原料の調達からデザイン、製造まで行うオンラインのインテリアショップです。

シンプルなデザインの家具から北欧のビンテージ家具、味のある雑貨まで、北欧スタイルのインテリアがいっぱい。

細部までこだわる家具は、北欧の家具のように長く使い続けられるものが揃っています。

おしゃれな北欧風のおうちに変えてみませんか

おしゃれな北欧インテリア

北欧インテリアの特徴やアイテム、お店などをご紹介しました。

シンプルなデザインで自然な色合いの北欧風インテリアは、ざまざまなスペースやシーンに取り入れやすいものばかり。

木を取り入れたインテリアは、日本の家屋にもぴったりはまります。

リーズナブルなものからデザイナーの一品ものまで様々なアイテムがあるので、生活の中に北欧風を取り入れてみませんか?

ABOUT US

だんご家具販売スタッフ
雑貨と家具に興味があり、日々大好きなものに囲まれながら仕事しています。話すこと、食べることも大好きなので、接客の際に商品提案のお話だけでなく、お客様から美味しいお店の情報を仕入れることも大切にしています。