子供が大喜び!子供部屋作りのアイデアと人気のアイテムを一挙紹介

小さなお子さんがいる家庭で特に多いインテリアの悩みが「子供部屋のレイアウト」です。

幼少期は子供の人格形成に大きな影響を与えてしまうので、どんな部屋にすれば良いのか頭を悩ませてしまう人が多いです。

この記事では、子供部屋を作るときに抑えたい大切なポイントや、かわいい子供部屋を作るアイデアを豊富な実例と共に紹介していきます。

子供部屋作りに迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

子供部屋のレイアウトを考えるときに最も重要な3つのポイント

子供部屋のレイアウトを決めるときは、一体どんな要素に気を付けるべきなのでしょうか。

子供部屋作りにおいて大切になる3つのポイントについて解説します。

子供の成長に合った自由度のある家具を選ぶ

子供部屋のレイアウトで意識したいポイントの一つ目は、子供の成長過程に合わせた環境作りをすることです。

子供の性格や趣味趣向は、幼少期・成長期・思春期によって目まぐるしく変化するもの。

小さい頃はおもちゃで溢れかえっていたスペースが、勉強道具や趣味のアイテム、プライベート空間などに変わっていきます。

すぐに変化することを見越して、配置換えをしやすいレイアウトにしておくのが良いでしょう。

家具や仕切りなどは、将来的に変える可能性があることも見越して選択するのがベストです。

勉強と遊びのスペースや収納場所を分ける

もう一つ意識すべきは、子供部屋のスペースを役割ごとに区切ることです。

「勉強する場所」と「遊ぶ場所」、「おもちゃを使う場所」と「おもちゃを片付ける場所」など、メリハリのついた子供部屋を作るのがポイント!

区切りが曖昧だと、いつまでも遊んでいたり、片付けや整理整頓の習慣が身に付かなかったりと、子供の教育上悪影響が出てしまう可能性が高いです。

部屋のスペースが取れない場合は、「勉強するときはリビング、遊ぶのは子供部屋で」というふうに、部屋ごとに役割を分ける区分け方法も有効です。

子供が二人以上の場合は仕切ることも考える

部屋の分かれた子供部屋

子供が二人以上いる家庭の場合は、思春期に入る前に子供部屋を分ける選択肢も考えておきましょう。

年齢を重ねるについてプライベートな時間が必要になってくるので、視覚的な仕切りやパーソナルスペースの確保が必須になります。

趣味趣向や物の所有欲も強くなるので、仕切りを明確にしなければ、兄弟姉妹の喧嘩に発展しかねません。

リビングと小部屋で部屋を分けたり、家具や仕切りで個人のスペースを作るなど、間取りに応じたレイアウトを考える必要があります。

楽しく暮らそう!ワクワクする子供部屋作りの8つのアイデア

ここから先は、毎日をワクワク楽しく過ごせる子供部屋作りのアイデアを8つ紹介します。

どれも素敵でかわいい雰囲気を演出できるお部屋ばかり!

素敵な事例を参考に理想の子供部屋を作りましょう。

かわいい形の家具を選ぶ

子供部屋は好奇心と想像力を養う場所です。

子供の趣向に合わせたかわいい家具を選んで、統一感溢れる子供部屋をコーディネートしましょう。

素敵な雰囲気の家具やおもちゃに囲まれて過ごせば、感性豊かな子供に育つ可能性も高くなります。

おもちゃは棚で見せて収納

おもちゃの収納棚をあえて目立つ場所に置いて、「見せる収納」にしてしまうのも大胆なアイデアです。

子供のおもちゃがきちんと整理整頓されている様子は、意図されたおしゃれインテリアのよう!

美しい見た目ならリビングに置いても違和感がないし、子供も楽しく片付けることができちゃいます。

システムベッド(ロフトベッド)で省スペースに!

省スペースですっぽり収まるロフトベッドは、子供部屋レイアウトの王道的存在!

寝室と勉強スペースが一体化しているので、小さなお部屋でも置きやすいのがメリットです。

兄弟がたくさんいる場合でも自由度の高いレイアウトを実装できます。

かわいい壁紙で楽しい雰囲気に

手軽に楽しい雰囲気を演出したいなら、壁紙にこだわるのも一つの手です。

感性を育む幼少期は、たくさんのおもちゃや花が描かれたかわいい壁紙をチョイスするのがベスト。

各種インテリアショップやホームセンターでも豊富な種類から壁紙を選べるので、ぜひ色や柄にこだわってみましょう。

触り心地の良いラグマットで子供が安心して遊べる空間に

汚れやキズに強いラグマットは、子供の安全確保に加えてインテリアの要素も強いアイテムの一つ!

ふわふわした素材は転んでも痛くないので、滑り台やアスレチックなどを設置するときに重宝します。

区切りとしての役割もあるので、リビングに簡易子供部屋を作るときにもおすすめです。

太め・角が丸めの家具で安全面も配慮する

子供部屋に置く家具を選ぶときは、安全面に考慮して角が丸めのものを優先して選ぶと良いでしょう。

スタイリッシュなデザインの家具は確かにカッコ良いですが、角が尖っていたり、鋭い部分があったりと、子供部屋には向かないことも多いです。

少し目を離しても大丈夫なように、太く・丸い家具で統一するのも良いかもしれません。

子供の成長に合わせて調整できる!スイッチデスク(高さ調節式デスク)

勉強机を長く使いたいという人は、子供の成長に合わせて高さを調節できるスイッチデスクを導入するのがおすすめです。

お値段は多少張りますが、買い替えの必要がなく、子供間の使い回しなども可能になります。

種類も多種多様でインテリアの自由度が高いもの特徴です。

ロフトで広く感じる空間作りを

家の中にロフトスペースがある場合は、思い切って子供部屋に選んでしまうのも良いでしょう。

秘密基地感溢れるロフトスペースは依然として子供たちへの人気が高く、狭いスペースでも空間を有効活用できます。

勉強と遊びの区分けもしやすいため、教育面でもメリットが大きいです。

高低差が出てしまうため、梯子や階段の上り下りには注意!

ある程度大きくなった子供用の部屋にしましょう。

子供が喜ぶアイテムを取り入れよう

塗り絵の置かれた机

ここから先は、子供部屋に置くと生活がさらに楽しくなるアイテムを厳選して紹介します。

流行のインテリアアイテムから一風変わった家具まで、子供が喜ぶ魅力的な商品の数々をまとめました。

秘密基地のようなティピーテント

神秘的な雰囲気を演出できるティピーテントは、インディアンの模様が描かれた円形型のテントです。

とんがり屋根のかわいい見た目は、子供部屋を彩るアクセントにぴったり!

広めのお部屋にはぜひ設置したい面白いアイテムです。

おままごとがもっと楽しく!ミニキッチン

料理好きのお子さんにはミニキッチンがおすすめです。

作業台・収納・調理道具など、優しい素材で作られた料理の必須アイテムが勢揃い!

幼い頃から料理のイメージが身に付いていれば、ちょっとした料理のお手伝いにも自主的に参加しやすくなるでしょう。

部屋のイメージに合わせて選ぶ!かわいい柄のカーテン

お部屋の印象をさらにキュートにしたい人は、カーテンで雰囲気を変えてみるのも良いでしょう。

素敵な絵がプリントされたカーテンを設置すれば、子供たちのテンションも自然に上がっていきます。

家具の雰囲気と合わせてコーディネートできるので、インテリアの自由度も非常に高いのが特徴です。

ゴージャスな雰囲気に!天蓋のついたベッド

天蓋とは、頭上につるす傘状の飾りのこと。

アニメなどでよく見るお姫様の部屋にあるかわいいアイテムです。

天から降り注ぐベールのような天蓋は、おしゃれなベッドと合わせるとより見栄えが良くなります。

かわいさをアピールしたい女の子におすすめしたいアイテムです。

キュートな形の照明

きれいな模様が印象的で光のグラデーションを感じられる照明

手軽にお部屋の雰囲気を変えたい人におすすめなのが照明アイテムです。

おしゃれでキュートな照明を設置すれば、好奇心とワクワクに溢れたお部屋の雰囲気を演出することが可能に!

芸術的な形のペンダントライトや、綺麗な模様が描かれたシーリングライトなど、色や形、大きさの選択肢も豊富です。

ワクワクする子供部屋をデザインしよう

男の子が電車のレールをつなげて電車で遊んでいる様子

今回は子供部屋のレイアウトに関する基本知識を紹介しました。

子供部屋のレイアウトに絶対的な正解はないので、自分の子供の趣味趣向や成長速度に合わせて柔軟に雰囲気を変えるのが良いでしょう。

ワクワクを育てる素敵な子供部屋を作ってみてくださいね!

ABOUT US

KAORIインテリアプランナー
シンプルテイストな空間デザインを得意とするインテリアプランナー。ものづくりの現場好きが高じて2級建築士も取得。女性ならではのきめ細やかな提案を心がけています。心地よい空間に身を置くこと、きれいな景色を眺めることが何よりの癒し。ストレス解消は美味しいものを食べること!料理も大好きです。