部屋をナチュラルインテリアにするコツって?DIYアイデアや必須アイテムを紹介

ホワイトやベージュ、アイボリーをメインに使ったナチュラルインテリアは、優しい雰囲気が魅力的。

色のトーンがシンプルだからこそ、センス良く仕上げるためにはちょっとしたコツが必要です。

木製の家具や観葉植物といったアイテムを効果的に使って、くつろげる空間を目指しましょう。

この記事では、ナチュラルインテリアの特徴やメリット、おしゃれに仕上げるインテリアのコツを紹介します。

ナチュラルインテリアの特徴とは?

木製の家具を取り入れたり、ホワイトやベージュといった柔らかいカラーを使ったりと、温もり溢れる雰囲気が特徴的なナチュラルインテリア。

お部屋でのんびりリラックスしたいときにぴったりなインテリアです。

この章では、ナチュラルインテリアの特徴について詳しく解説していきます。

木の質感を活かした家具は欠かせない

木のぬくもりを感じるダイニング

木製の家具はナチュラルインテリアに欠かせないアイテムです。

中でもベッドやリビングテーブルのような、サイズが大きいアイテムはインテリアの主役になります。

ぜひ素材に木を使った家具を選びましょう。

一言で「木製家具」といっても、バリエーションはさまざまです。

白い木製家具をメインに使えば明るい雰囲気に仕上がりますし、濃いブラウンなら落ち着きある空間を演出できます。

目指したい「ナチュラルインテリア」のテイストに合う、色やデザインを選びましょう。

基本の色味は茶系やホワイト

ナチュラルテイストなダイニング

ナチュラルインテリアを目指すなら、お部屋の基本となるカラーはブラウン系やホワイトがおすすめです。

カーテンなど面積の広いアイテムはもちろん、クッションや雑貨、小物でメインカラーをプラスしましょう。

たとえば寝室ならベッド・枕カバーなどに取り入れてみてください。

部屋全体が明るい雰囲気に仕上がります。

観葉植物のグリーンをアクセントに

植物の置かれたダイニング

観葉植物のグリーンは、淡いトーンが主体となるナチュラルインテリアのアクセントにぴったりです。

木製家具の質感とも相性抜群。

垂れ下がるタイプの植物を窓辺に吊るしたり、存在感のある大きいグリーンをインテリアの主役にしたりと、種類によって色々な表情が楽しめます。

  • ナチュラルな雰囲気のお部屋にはハート型の葉っぱが特徴的な「フィカス ウンベラータ
  • 寒さや乾燥に強く育てやすい「パキラ
  • 垂れ下がった葉に癒される「ハートカズラ

などがおすすめです。

植物の種類だけでなく、鉢のデザインもテイストを揃えましょう。

木目調やホワイトを意識して選ぶと上手くまとまります。

リビングにナチュラルインテリアを取り入れるコツ

テレビを見たり読書をしたりしてリラックスタイムを過ごすリビング。

優しい雰囲気が魅力のナチュラルインテリアを取り入れれば、よりくつろげる空間になります。

ラグはウール素材やキリムで柔らかい印象に

キリムの敷かれた空間

ナチュラルインテリアには、「ウール素材」や「キリム」のラグがおすすめです。

ウールは羊やアルパカなど、動物の毛を糸にした繊維を使用しています。

温もりある質感が特徴で、部屋全体が柔らかい印象に仕上がります。

また保温性と吸湿性に優れており、オールシーズンで使えるのも嬉しいポイント。

季節によってラグを取り替える必要がないので、忙しい人にもおすすめです。

「キリム」は遊牧民の伝統的な平織物。

大胆な幾何学模様はフローリングに敷くだけでインテリアの主役になります。

ナチュラルな中にも、ちょっぴり個性が欲しい人に最適です。

ウールとキリム、どちらの種類のラグを選ぶ場合も、アイボリー・ベージュ・ブラウン・淡いグリーンなど落ち着いた色を選ぶとナチュラルな雰囲気に仕上がるでしょう。

木の肘掛けや脚がついたソファで北欧風に

ラウンジチェア

肘掛けや脚に木を使用したソファを取り入れると、ナチュラルかつ北欧風に仕上がります。

脚がついたタイプなら見た目もスッキリ。

背が低いデザインを選ぶと部屋がゆったりとした雰囲気に。

ソファに寝転がりながら雑誌を読んだり音楽を聴いたりして、リラックスタイムを満喫しましょう。

カーテンは部屋の顔!ベージュやグリーンがオススメ

カーテンのついたリビング

カーテンは面積が広いため部屋の雰囲気を大きく左右します。

そこで重要なのが色選び。

自然をイメージさせる生成り(きなり)や茶色、緑といった「アースカラー」がおすすめです

木製の家具にもよく似合います。

観葉植物の置き場に迷ったらまずは窓際に

窓際のニッチに飾られたオブジェと植物

「観葉植物をどこに置いたらいいか分からない」というときは、まずは窓際に置きましょう。

明るく風通しの良い場所は、日当たりを好む屋内向きの植物にぴったり。

ただし日差しが強すぎると葉焼けを起こすこともあります。

レースカーテンを使ったり、窓から少し離したりして光を調節してみてください。

また気温が低い日は外気で窓際が冷えることも。

サボテンや多肉植物を飾るときは、寒さに強いものを選びましょう。

植物の状態を見ながら最適な置き場所を見つけてくださいね。

キッチンにナチュラルインテリアを取り入れるコツ

キッチンは戸棚やレンジフードなど、はじめから備え付けられているものも多いため、自分好みのテイストに仕上げるのは難しいイメージ。

けれどリメイクシートや天然素材のカゴなど、アイテムを上手く取り入ることでナチュラルな空間に変身させられます。

リメイクシートで戸棚やレンジフードを木目調に

「賃貸でも戸棚やレンジフードを好みの雰囲気に仕上げたい」というときは、貼って剥がせるリメイクシートを使いましょう。

ナチュラルインテリアには、木目調のデザインが似合います。

100均でも購入でき、種類も豊富なので気軽にトライしてみてくださいね。

リメイクシートでキッチンもナチュラルテイストに仕上げて統一感をアップさせましょう。

食器棚にはアンティーク調やチェッカーガラスがフィット

アンティーク調のデザインやチェッカーガラスが使われた食器棚は、ナチュラルなインテリアにぴったり。

木の質感を活かした温もりあるデザインが部屋の雰囲気にマッチします。

格子状の凹凸が特徴的な「チェッカーガラス」はレトロな印象。

光に当たるとキラキラ美しく、ナチュラルインテリアのアクセントになります。

ヒバやラタンなど天然素材のカゴでおしゃれに収納

バスケット

ヒバやラタンといった天然素材のカゴは収納に大活躍します。

生活感の出やすいアイテムもおしゃれな印象に。

たとえばキッチンで使うなら布巾や保存容器、食品ストックなどの収納に使うのがおすすめです。

よく使う塩やコショウ、醤油などの調味料をカゴにひとまとめにして、そのままテーブルに出してもいいですね。

キッチン以外で使うときは小物を入れて飾り棚に並べたり、ドライフラワーを飾ったりしても良さそうです。

蓋つきのカゴを選べばホコリを避けつつ中身も隠せるので一石二鳥です。

機能性重視なら拭けるタイプのタイル調キッチンマットがオススメ

毎日使うキッチンは切った野菜の欠片や油、調味料などが飛び散り、汚れやすい場所です。

そこでおすすめなのが、拭けるタイプの「キッチンマット」。

布製だと洗濯する必要があり、お手入れが億劫という場合もありますよね。

拭けるタイプなら汚れたときに、サッと水拭きするだけなので簡単です。

ナチュラルインテリアにはタイル調のデザインが似合います。

中でもおすすめは、ブラウンやホワイトを基調としたシンプルなタイプです。

機能性とデザイン性を兼ね揃えたマットで、キッチンに快適さをプラスしてはいかがでしょうか。

ナチュラルインテリアのプチDIYアイデア3選

「より自分好みに仕上げたい」という場合はDIYがおすすめです。

家具を買い替えたりリフォームしたりしなくても、簡単に部屋の雰囲気を変えられます。

100均で手軽に材料を揃えられるのも嬉しいポイントです。

この章では、DIY初心者さんでもトライしやすいアイデアを3つご紹介します。

見慣れた家具をベージュ系に塗装してナチュラルテイストに

今あるダイニングチェアや部屋のドア、テーブルの引き出しなど見慣れたアイテムも、塗装すればお部屋がグッとナチュラルな雰囲気に仕上がります。

ペンキのカラーはベージュ系がおすすめ。

あらかじめ塗りたいところのサビやカビを拭き取っておきましょう。

細かいところには刷毛、広い部分にはローラーを使うとキレイに塗ることができます。

マスキングテープを活用すれば、はみ出すのを防げます。

ペンキを塗り終わったら乾く前にテープを剥がしましょう。

また作業中はペンキの匂いが部屋にこもるので、窓を開けて換気しながらおこなってくださいね。

100均でOK!すのこを壁に取り付ければ小さな収納スペースに

100均で手軽に購入できるすのこ。

ネジや専用のピンを使って壁に取り付ければ、あっという間にディスプレイスペースが完成します。

雑貨や植物など、お気に入りのアイテムを飾って楽しみましょう。

ホワイトにペイントすれば、ナチュラルテイストに仕上がります。

また、すのこの一部に釘を打って、鍵やアクセサリーを吊るのもおすすめです。

ウッドカーペットやはがせる壁紙シールで壁・床をイメチェン

壁や床に少し手を加えれば、お部屋の雰囲気をガラリと変えられます。

畳の部屋をフローリングにしたいときや、現在の床のデザインを変えたい場合には「ウッドカーペット」がおすすめ。

畳や床に敷くだけで簡単にアレンジが楽しめます。

ナチュラルインテリアには木目調が馴染みやすいです。

壁のデザインを変えたいときは「リメイクシート」を使いましょう。

ペンキのように塗料が飛んでほかの家具や床に付いてしまう心配がありません。

気軽にリフォーム気分を味わってくださいね。

ナチュラルかつオシャレな部屋でワクワクする毎日を

ナチュラルな雰囲気のダイニング

淡い色合いと木のアイテムを取り入れたナチュラルインテリアは、優しい雰囲気が魅力です。

同じテイストの小物や観葉植物、カゴなどでアクセントを付けるとセンス良く仕上がります。

メインとなる色や素材を意識して、ナチュラルかつオシャレな部屋を目指しましょう。

お気に入りの空間でくつろげば心が前向きになり、より楽しい毎日を過ごせるようになりますよ!

ABOUT US

だんご家具販売スタッフ
雑貨と家具に興味があり、日々大好きなものに囲まれながら仕事しています。話すこと、食べることも大好きなので、接客の際に商品提案のお話だけでなく、お客様から美味しいお店の情報を仕入れることも大切にしています。