心地良い部屋を実現!シンプルインテリアのコツと海外の人気家具ブランドを紹介

「すっきりとした印象の部屋を作りたい」という人は、シンプルインテリアのコツを学ぶのがおすすめです。

少ない物でおしゃれに見せるテクニックを習得すれば、お金をかけず簡単に空間をコーディネートできるようになります。

この記事では、シンプルインテリアの基本的な考え方や、コーディネートのアイデア事例、シンプルな部屋にマッチするおすすめ海外家具ブランドを紹介します。

シンプルインテリアの準備編!物の捨て方&収納術を解説

シンプルインテリアを実現するためには、前提条件として部屋が綺麗に整理整頓されている必要があります。

この章では、実際にレイアウトを始める前に気を付けたい2つのポイント「物を捨てる」と「収納術を学ぶ」について簡単に解説!

シンプルインテリア初心者はぜひ参考にしてみてください。

まずは所持品を整理して物を捨てる

チェアとペンダントライト

シンプルインテリアのコツは、物が少なくてすっきりとした空間を作ることにあります。

圧迫感のある家具や無駄な物で溢れかえっている部屋では、どんなに頑張ってもシンプルさを演出することができません。

まずは不要な物に見切りをつけて、どんどん捨てていきましょう。

思い出補正だけで残している物や3ヵ月以上使っていない家具・家電は、捨てても問題ないケースがほとんど。

厳しい視点で物を捨てれば、そのぶん余白が生まれてインテリアをまとめやすくなります。

「シンプルライフ」の考えにも通じる部分があるので、気になる人はチェックしてみましょう。

ミニマリスト収納術を取り入れる

デスク

シンプルインテリアを実践するには、収納術を学ぶことも大切な要素の一つ。

  1. 物の厳選
  2. 統一感
  3. 整理整頓

の三拍子が揃うことでインテリアが完成するので、少ない物だけで暮らすミニマリストたちの収納術が参考になるのです。

  • 少ない物だけでおしゃれに見せるコツ
  • 必要な物だけを選別する方法
  • 空間を広く見せるアイデア

…など、ミニマリストの部屋作りから学べるポイントはたくさんあります。

今の時代はネットや書籍で簡単に情報が手に入るので、独創的な収納テクニックの数々をしっかりと身に付けておきましょう。

シンプルインテリアでおしゃれな部屋にするポイントは?

シンプルインテリアを上手に取り入れるには、どのようなポイントに気を付けるべきなのでしょうか。

実際のコーディネート例をもとにインテリアのコツを紹介します。

色味を抑えたインテリアを選ぶ

ソファとラウンジチェア

シンプルインテリアの基本は、白・グレー・ベージュなどの色味を抑えた配色で部屋をコーディネートすることにあります。

メインで使う色を白系でまとめると、スッキリとした印象を与えることができます。

何から手を付けていいか迷ってしまう場合は、クッションやカーテン、インテリア小物など、身の回りのアイテムから色を取り入れていくのがおすすめ。

全て真っ白に統一する必要はないので、ワンポイントで好きな色を入れて個性を演出するのも良いでしょう。

白系の配色はどんなインテリアにも合わせやすく、木製のナチュラルな家具とも相性抜群です。

素材感を揃える

家具の素材感を揃えることも大切な要素の一つ。

家具のデザインや大きさがバラバラだと乱雑な印象になり、シンプルな雰囲気からはほど遠くなってしまいます。

家具単体のカッコ良さだけではなく、全体のバランスを調整しながらレイアウトを考えましょう。

  • ナチュラルテイストなら木製家具で統一する
  • ガラステーブルや鉄製の棚で無機質感を演出する

など、部屋のテーマに沿った家具を選ぶのがコツです。

家具を増やしすぎない

必要以上に家具を増やさないという考え方も重要です。

できる限り家具を厳選して、身の丈に合ったシンプルな生活を心がけましょう。

物が少ないほど空間が広く見えるので、コンパクトな間取りでも開放的な印象を作れるようになります。

家具を購入するときは背の低い家具を優先して選ぶと、さらに圧迫感を軽減できるのでおすすめ。

物の少なさを活かして、ワンポイントで好きな雑貨を配置したり、コレクション用の飾り棚を設置すれば、一箇所だけを注目させるレイアウトも可能になります。

植物をうまく取り入れる

植物

シンプルインテリアを実践していくと、人によっては部屋の雰囲気が味気なく感じてしまうことも。

そんな悩みを解消してくれるのが「観葉植物」です。

観葉植物とは、室内でも育成可能なインテリア用の植物のこと。

目に優しい自然の緑色はシンプルインテリアと相性が良く、木製家具と同じくナチュラルな雰囲気を演出してくれます。

おしゃれな鉢植えで個性を出したり、吊り下げタイプで空間を有効活用したりと、レイアウトの自由度がかなり高いのが特徴。

おすすめの観葉植物やレイアウトのコツについては、下記の記事で詳しく解説しています。

ペンダントライトなどの繊細な照明を取り入れる

ペンダントライトのあるキッチン

物が少ないシンプルな空間では、おしゃれな照明が作り出す光と影がより一層引き立ちます。

個性的なペンダントライトや、デザイン性の高い卓上ライト、スタンドタイプの間接照明など、お気に入りの照明を選んで部屋に置いてみてください。

光量が弱めで淡い色合いの照明を選ぶと、おしゃれ度がさらにアップします。

存在感の強い照明を一つだけ置くのも良いですし、小さめのランプを複数組み合わせて癒しの空間を作るのもあり。

アイデア次第で自由自在に光をデザインできます。

シンプルインテリアに最適!海外の人気家具ブランドを紹介

日本では身近な家具ブランドである「無印良品」や「IKEA」でコーディネートするのも良いけど、よりおしゃれさを追求したいなら海外の人気ブランドを見てみるのもおすすめです。

今回は北欧の家具メーカーを中心に人気のブランドを5つ紹介します。

「高くても一生ものの家具が欲しい」という人はぜひチェックしてみましょう。

ルイスポールセン(Louis Poulsen)

ペンダントライト

ルイスポールセンは北欧デンマーク発の照明家具ブランドです。

無駄を削ぎ落とした洗練されたデザインと機能性を高いバランスで両立しており、シンプル&ミニマムなライフスタイルを実現したい人にはぴったりの照明が揃っています。

ペンダントライト・フロアライト・テーブルライトと種類も豊富で、どんなお部屋の雰囲気とも調和する不思議な魅力を持っているのが特徴。

確かな存在感を感じさせる照明が欲しい人は、ぜひ豊富なラインナップを見てみてください。

フレデリシア(FREDERICIA)

フレデリシアの家具

フレデリシアは北欧でも歴史の長い有名家具ブランドの一つ。

1955年に北欧家具の巨匠「ボーエ・モーエンセン」とタッグを組み、「スパニッシュチェア」「ピープルズチェア」などの代表作を世に送り出し、北欧家具の歴史を大きく飛躍させました。

最小限かつ良質な素材で構成されたスタイリッシュな家具の数々は、シンプルなインテリアにもぴったりとマッチします。

カール・ハンセン&サン(CARL HANSEN & SØN)

Yチェア

カール・ハンセン&サンは、北欧を代表する有名家具デザイナーの作品を多く取り扱うブランドです。

ハンスJ・ウェグナーをはじめ、多くのデザイナーが手がけたこだわりの北欧家具は、どんなお部屋にもマッチする素朴さと洗練されたデザイン性を兼ね備えています。

代表作である「Yチェア」はもちろん、小物や雑貨のラインナップも充実。

限りなくシンプルなデザインと見た目の上質さを追求したい人にはぴったりです。

フリッツハンセン(FRITZ HANSEN)

フッリツハンセンの家具

老舗の北欧家具ブランドとして知られるフリッツハンセン。

優れたデザイン性と機能性を兼ね備えた家具の数々は、北欧テイストの広々とした空間にぴったりマッチします。

人気の家具デザイナーであるアルネ・ヤコブセンが手がけた「セブンチェア」が代表作で、確かな座り心地と存在感を感じさせる高級チェアとなっています。

世界中にファンや愛好家が多く存在する人気の家具ブランドです。

PPモブラー(PP MOBLER)

PPモブラーのチェア

小さな工房から歴史が始まったPPモブラーは、徹底された生産工程によるこだわりの家具作りを手がける北欧家具ブランド。

創業から現在に至るまで家具製作における全工程を自社の職人が担当しており、熟練の職人による手作業で味のある北欧家具が勢揃いしています。

ハンスJ・ウェグナーがデザインを手がけた作品も多くあり、代表作である「ザ・チェア」「ベアチェア」などは特に人気が高い北欧家具の大定番です。

インテリアにこだわってシンプルでおしゃれなお部屋に!

北欧家具

今回はシンプルインテリアのコツについて詳しく解説しました。

シンプルインテリアは、「今よりも空間を広く見せたい」「ごちゃついた雰囲気をなくしたい」といった人に特におすすめです。

上手にコーディネートできれば、紹介した北欧家具ブランドとの相性も良くなるので、ぜひチャレンジしてみてください。

当社では紹介したブランド以外にも、数多くの北欧家具・雑貨を取り扱っています。

興味がある人は下記購入サイトのラインナップも合わせてチェックしてみてください。

ABOUT US

だんご家具販売スタッフ
雑貨と家具に興味があり、日々大好きなものに囲まれながら仕事しています。話すこと、食べることも大好きなので、接客の際に商品提案のお話だけでなく、お客様から美味しいお店の情報を仕入れることも大切にしています。